外壁塗装名古屋,名古屋防水工事,雨漏り名古屋,外壁屋根雨漏り

アステックの施工事例❶

a:26 t:1 y:1

アステックの施工事例❶

知多市でヘーベルハウス築18年の2階建住宅です。

サッシまわりやALC目地のシーリングにひび割れがありましたので、工事内容はALC目地のシーリング増し打ち、サッシ周囲のシーリング交換、ひび割れ修復、外壁塗装には遮熱と防水機能を併せ持つアステックペイントを使用します。

画像の説明 画像の説明
サッシまわりのシーリングは撤去して打ち替えます。

画像の説明 画像の説明

シーリングを打ち替えても凹みが気になりますので、防水パテで平滑にします。
画像がありませんが、下地処理で模様付けも行なっています。

アステック遮熱防水仕上げ

塗装は下塗り2回、仕上げ塗り2回塗りで完成です。

ALCシーリングの工事状況はこちら

ALCパネルのシーリングはひび割れています。
シーリングの劣化 シーリングの劣化拡大

シーリングの厚みが取れるので、増し打ちでシーリングします。他にもALC取り合い部にはシーリングが必要です。
シーリングの増し打ち仕上げ状況 キャップまわりシーリング

細かい部分は見積りに入っていませんが施工していきます。雨漏りリスクは徹底的に潰します。

画像の説明 画像の説明

ひび割れの修復方法

ALCパネルはこのように負荷のかかる目地際に入ります。そのまま塗装してしまうと再発してしまう事が多いので、弊社ではひび割れは補修ではなく、修復して塗装を行います。
ひび割れ修復❶ ひび割れ修復❷

修復工程として、⑴ひび割れVカット、⑵シーリング充填、⑶防水パテで平滑に補修、⑷補修跡を目立たせないために模様付けしておきます。こういった修復工事はビルメンテナンスで行なっていて、弊社ではその経験を生かした工事をしています。

ひび割れ修復模様付け❶ ひび割れ修復模様付け❷

その上に塗装工程で、下塗り2回、仕上げ塗り2回を行います。補修跡はほとんど目立たなくなります。
アステック遮熱防水仕上げ

ALCパネルの塗装工事

塗装工程では下塗り2回塗り、遮熱防水仕上げ2回塗りを標準としています。下塗り1回でもいいのですが、下地処理と密着性を高める目的で2回にしています。
アステック遮熱防水仕上げ アステック遮熱防水仕上げ

アステック遮熱防水仕上げ アステック遮熱防水仕上げ

アステック遮熱防水仕上げ

知多市の住宅塗装

基礎の防水塗装

近年では基礎立ち上がりにも保護する仕上げがあると、基礎の寿命が高まるとされ防水塗装を推奨しています。使用塗材は透湿性があり、防水性の高いポリマーセメント系塗材ですので、膨れや密封の心配もなくコンクリートを保護してくれます。

ポリマーセメント系基礎防水 ポリマーセメント系基礎防水

外壁ALCの遮熱防水塗装は、名古屋市の名北外装へお気軽にご相談ください。

画像の説明
画像の説明

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional