外壁塗装名古屋,名古屋防水工事,雨漏り名古屋,外壁屋根雨漏り

アステックの施工事例❷

アステックの施工事例❷

あま市で3階建ALC住宅の防水塗装工事を行いました。

a:131 t:2 y:0

今回はあま市で3階建ALC住宅の防水塗装を行いました。築25年程度で雨漏りが複数箇所からあるので、屋根とベランダの防水工事、外壁ALCのひび割れ修復、防水塗装工事の内容です。

あま市の3階建ALC住宅 あま市の3階建ALC住宅

現状はこちらです。外壁ALCは表面強度が小さいため、負荷のかかる目地際や角部、サッシまわりにひび割れが生じます。多くの方がシーリング目地の劣化で雨漏りしてるだろうと思われがちですが、雨漏りしているALCパネルにはかなりの高確率でひび割れが発生しています。
外壁ALCのひび割れ❶ 外壁ALCのひび割れ❷

外壁ALCのひび割れ❸ 外壁ALCのひび割れ❹

外壁ALCのひび割れ修復はこちら

まずひび割れをVカットします。Vカットの意味として、ひび割れ周辺は水が吸い込んでいたため、非常に脆くなっている箇所を取り除く意味があります。もう一つの意味はシーリングの厚み確保させるためです。ひび割れに直接シーリングを擦り付ける方法では内部まで充填されずに、数年で再発してきます。

外壁ALCひび割れ修復❶ 外壁ALCひび割れ修復❷

Vカット、シーリング充填の次に凹みを平滑にするのと、2次防水の意味も含めて防水パテやエポキシ軽量モルタルなどで補修していきます。注意したいのは普通モルタルやシーリングのみで補修しないことです。

ひび割れ修復❸ ひび割れ修復❹

次に凹みを平滑化してしまうとツルツルになってしまうため、模様付けしていきます。

ALC模様付け❶ ALC模様付け❷

シーリング工事状況はこちら

塗装する面ではないのですが、サッシ水切り上にもシーリングはあります。この部位も劣化してくると雨漏りの原因になる重要な部分です。

サッシ水切り上シーリング❶ サッシ水切り上シーリング❷

シーリングが剥離破断してきています。原因として紫外線や可塑剤抜けによる硬質化です。こうなったらシーリングは交換(打ち替え)が必要です。元からシーリングがない場合はもあり、ビスが腐食してきています。

シーリング打ち替え❶ シーリング打ち替え❷

塗装しない部分ですが、どちらにしてもシーリングは必ず施工してください。外壁塗り替えて数年で雨漏りするとお問い合わせ頂くお客様に多いのは、『ひび割れが再発した』『シーリングが不十分』大体この2点です。

笠木シーリング❶ 笠木シーリング❷

笠木シーリングにも傷みがあるので再シーリングしておきます。笠木も塗装しない場合がほとんどですが、弊社ではこうした細かい部位まで雨漏り原因となり得そうな箇所は全てシーリングします。

防水工事

3階建住宅やALC建物の屋上では陸屋根が多く、防水工事が必要となります。塗装会社によってはトップコートのみで済ませることもあり注意が必要です。トップコートのみの場合は見た目が綺麗になるだけで、防水効果は得られません。費用が安い場合は十分に確認する事をお勧めします。

防水工事❶ 防水工事❷

こちらの現場ではウレタン防水X-2工法を施工しました。X-2とはウレタン防水に補強布を入れて耐久性を高めた防水工法で、公共工事でも防水性能が10年以上とされています。

ウレタン防水X-2 ウレタン防水X-2

防水工程で1日目下地プライマー、2日目補強布と一層目ウレタン防水、3日目二層目ウレタン防水、4日目仕上げトップコートで完了です。本当の防水工事は4〜5日は工事期間が必要になります。

画像の説明 画像の説明

塗装工事

外壁ALC防水塗装❶ 外壁ALC防水塗装❷

外壁ALC防水塗装❸ 外壁ALC防水塗装❹

外壁ALC防水塗装❺ 外壁ALC防水塗装❻

完成画像はこちら
あま市の3階建ALC住宅の防水塗装工事

付随工事

長年メンテナンスを放置していたので、シャッター枠が腐食しています。本体に異常はなく、枠やシャッター本体交換には高額費用が必要ですので、今回は板金カバーにて補修します。

画像の説明

画像の説明

アステックペイント遮熱防水塗装は、名古屋市の名北外装へお気軽にご相談ください。

画像の説明
画像の説明

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional